免疫力をアップしてウィルスに強い体を!|東白楽、東神奈川、仲木戸のエステ ラヴィソンファム

反町、東神奈川、三ツ沢下町のエステ ラヴィソンファム

0455347658
メールでお問い合わせ

ブログ

免疫力をアップしてウィルスに強い体を!

ブログ 2020年04月07日

こんにちは、ラヴィソンファムです。

ウイルスの感染が拡大する中、免疫力を高め、感染を予防することが注目されています。
そこで今回は免疫力アップについてご紹介します。

◇体温が上がり、血流促進されると免疫力がアップする◇
健康な人の平熱は36.5~37.1度。最近では36度以下という体温の人が増えています。
体温が低いと免疫力が下がる、体温が上がると免疫力が高まるのは何故?

体温が上がると免疫力が高まる理由の一つは体温が上がると血流が良くなるからです。
血流がよくなると血液中の免疫細胞の白血球が体の隅々に行き渡ることで免疫力が十分に発揮されるのです。

逆に体温が低い場合は、血流が悪くなることで白血球の働きが弱まり、ウイルス細菌に負けやすい体になります。体が冷えると風邪をひきやすいのは、免疫力が低下しているからです。

◇運動で血流アップ◇
血流をスムーズにするためには、日々の運動が重要になることから適度な運動を生活の中に取り入れましょう。血流を促すにはマッサージやスクワット、ウォーキング、入浴など様々な方法がありますが、オススメなのが『その場足ふみ』です。
毛細血管が密集しているふくらはぎの筋肉の収縮、弛緩させ、毛細血管の血流が促進されると、下肢の抹消循環が良くなり、上半身から全身の血流も良くなるので免疫力がアップします。

◇腸内環境を整えて免疫力アップ◇
腸は外界から体内に入ってきた食品と共にウイルスや病原菌などが侵入してくるリスクの高い場所なので、腸には免疫力をつかさどる免疫細胞が集中しています。なんと全体の免疫細胞の70%が腸に集まっているんです。
腸内の免疫力と腸内環境は密接に関係していて、腸内環境を整えることで免疫力はアップするのです。発酵食品である納豆には食物繊維と善玉菌のサポートをする納豆菌の両方が含まれており、腸内環境わ、整えてくれます。胃酸にも強い納豆菌は、そのまま腸まで届き、腸内環境の改善に役立つことが分かっています。
同じ発酵食品である味噌、キムチ、チーズ、ヨーグルトなどを組み合わせると、善玉菌の働きがさらに活発になり免疫力アップに効果的です!!

発酵食品が苦手な方は、
ローフードもおすすめです☆
乳酸菌と野菜、フルーツ、穀物の酵素で腸内環境を整えましょう!

ページトップへ